• 2019/08/26 10:33



    8/26 東京ビックサイト「青海展示棟」にて行われたコミティアにて、試用してまいりました。いや、青海展示棟、めっちゃ涼しくて、もう快適すぎて、油断したらお昼寝できるレベルです。これが近代技術のプレハブ……!!

    ではなくて、今回試用したのは二種類です。
    1:横幅377mmの、天板一体型テーブル
    2:横幅420mmの、天板が別れるタイプのテーブル

    1に関してはもう、前回のコミケ時の試用から、横幅が短くなっただけなので、取り回しとかの実験でした。まったく問題なし。完成度高かったです。

    2ですよ。「搬入サイズを小さくするため、天板を2分割する」という設計です。これが実際に使用してどうなのかという部分をみてみたかったです。

    ・まず、強度:問題なし。
    ・組み立て:めっちゃ楽。 
    ・搬入:ああ、A4サイズのありがたさ……。 

    はい。これはかなり便利で、というか、便利すぎてもう存在感ないぐらいに便利なんです。あって当たり前みたいな商品になってしまっています。うわあこれはマジで便利だわ……(設計者談)

    今後の展開です。1はもう、図面確定です。2のスプリットタイプ、天板にちょっとしたギミックを加える為に、再度試作をお願いすることにしました。この時点でまだ変身を残してるんです。さらに便利になります。

    販売なんですけど、ウチは個人サークルなのです。業者じゃないです。普段は別のお仕事をしています。なので、いったんどこかに在庫して、順次発送することになるのです。便利な現在、代行発送など、色々なサービスがあります。それで各所に連絡をとってみたんですよ。

    でも、やっぱ高くなる。価格抑えるにはもう、自宅発送しかない訳で。この大量在庫を、エレベーター無し3階まで上げ下げするんです。上階ではちびっ子が毎晩走り回る足音が響く我が本社です。ざっくり計算では10キロを14箱。配送の人だけにやらせる訳にはいかんので、自分も手伝うことになります。さらにそれを部屋に保管。大事なフィギュア棚が見えなくなるんだコレ。てか床大丈夫かしら。

    あ、そんな話じゃなく。とりあえず、何とかして、希望する方にはお届けするKAKUGOです。販売種は、スプリットタイプをメインに。どうしても1体型が良いという人には、選択の余地を残すカタチにできればと思います。ただ、もう、スプリットタイプだけでも良い気もします……現時点でもそれくらいのレベルには来ております。

    ただ、まだ最大の「ネーミング」に迷っていて。昨日、ワンピースタイプのハメコミが「笑顔に見えます」というツイートを頂き「スマイル……!!!」はウルトラ超グッドネーミングで、このネーミングありきで出しそうな勢いではあります。もしくはソンリッサ!!!「テーブル:ソンリッサ」ああ!ラテンのリズムが!

    今回は以上です。第二試用結果のお知らせでした!