• 2019/09/04 10:54

    関東は涼しくなりましたね!秋が来ます……そう!イベントの秋が!!

    商品名が決まりました。「ココテーブル」です。結局、安直なネーミングに落ち着きました(あるある)けど、解りやすい方が良いかなと思いまして。で、この「ココテーブル」、2種類バージョンをご用意する予定です。なので、「ココテーブル:OOO」みたいに、汎用性の高い名前にしてみました。

    2種というのは、ご存知「天板が別れて収納がA4サイズ可になるタイプ」と、「収納はB4ぐらいになってしまいますが天板は1枚タイプ」です。ほんとはアンケートでどちらかに絞れればと思ったのですが、結局2パターンに。ですよねそうですよねという結果です(あるある)。リスクを抱えてみました。部屋の中に置けるのかな。売れなかったら即終了です。ゾクゾクします。お家賃どうしよう。

    で。その、A4になるほうなんですが、最後の図面で、上記をいじりました。デフォルトモードと、天板の隙間が出来ますがちょっとだけ大きくなるワイドモードが出来るようにしました。真ん中には下敷きかなんかで橋渡しして、布をかけてしまえば多分隙間わかんないと思います。デフォルトが420mm、片側ワイドで450mm、フルワイドで470mmになります。

    だた、このワイドモード、本みたいに、天板全面に均等に力が加わるものは問題ないのですが、外側1点に荷重がかかるものなどは、落ちますので、オマケ機構だと思ってくだされば。

    しかし!イベントというものは何が起こるかわからないもの。このオマケ機構で、展示物が1点増やせて、それを買ってくれた人がファンになってくれて的な連鎖が起きないとは限りません。できるものは詰め込もうという、モノづくりタマシイのほとばしりを感じてくだされば幸町です。さいわいちょう?

    只今、生産業者さんと連絡を取り合ってまして、制作費や納期についてのお話し合いをさせてもらってます。生産業者さんは、ウチの商品だけやってる訳じゃないので、忙しいです。こんな訳の分からない個人サークル(てか、業者さんにしたら個人サークルって何?状態だとは思いますが……)にお付き合い頂けてるだけでもありがたいと思います。

    検討中の方はお値段気になると思いますが、最終見積もり出るまで、自分にもわかりません。なるべくお安くできればとは思っております。イベントは本作るだけでも結構なお金かかりますしね。で、あまり参考にならないんですけど、この試作はだいたい1台8千円ぐらいかかっています。穴を数ミリずらすだけでも、毎回そのお値段掛かります。切り出す機械、材料の仕入れや保管場所、手間暇、業者さんの方もお金がいっぱいかかっています。材料費ガー工賃ガーとか言ってたら、じゃあご自分でやってくださいなと相手にしてもらえないのです。みんな商売。そういうものです。

    そして。量産にこぎつければ、商品自体はもっと安くできるとは思いますが、なかなか難しいのが送料です。やっぱり郵便局が最安値ですが、一体型は1台1000円かかります。A4サイズ1つなら、もう少し安く出来るかもですが、2台まとめたら同じく1000円です。このあたりは郵便局さんにおまとめ発送の交渉できるらしいので、書類揃えて本局行ってきます。

    ……とか言って、注文入らなくって、おまとめ発送にならなかったりして。
    ……あははは!!あははは!!……いやあああああー(T△T)

    それでは、今回は、名前決定!商品は2種で確定!!のおしらせでした!
    ココテーブル、良い名前でしょ!?
    (ほんとはナッツテーブルにしようと思ったんですけど、パルミエ感出過ぎちゃうので控えました)